【プロフィールムービー初心者向け】作り方からクオリティアップのポイントまで全部解説します

2021年11月30日プロフィールムービー,おすすめ

「どんなプロフィールムービーがあるんだろう?」
「どういったプロフィールムービーがゲストに喜ばれるんだろう?」
「自作と業者に依頼するのはどっちが自分たちに合っているかなかな?」

一生に一度の結婚式だからこそ、プロフィールムービーをどうすればいいか悩みますよね。

そこで今回は、今まで約400組のカップルの結婚式のお手伝いをしてきた元プランナーの筆者が

  • どういったプロフィールムービーを上映するとよいのか?
  • 自分たちらしさを演出するための秘訣
  • “手作りで制作が向いている人”と“業者に依頼が向いている人

についてお伝えしていきます。
そもそもプロフィールムービーって、必要なのか?というところまで結婚式をトータルプロデュースしてきた経験からお話をさせて頂きます。

これから結婚式を迎えるあなたの理想を叶えるプロフィールムービー作りのきっかけになりましたら幸いです。

結婚式で『プロフィールムービー』が人気な理由

プロフィールムービー ポイント
『プロフィールムービー』とは大きくふたつの役割があります。

1.新郎新婦の生い立ちをゲストに伝える

まず一つ目は、ゲストのみなさまに自分たちのことを知ってもらうこと。

結婚式では、相手側のゲストの中には、「初めまして」な人も多いもの。
それに自分側のゲストといえども「社会人になってから知り合ったので、幼少期のことは全く知らないかも」というゲストも多いですよね。

    • 今とは似ても似つかないかわいい赤ちゃんのころ
    • 学生の頃は、金髪ではじけていた一面があること
    • 今はスリムなのに、ぽっちゃりさんだった幼稚園児のころ

と、プロフィールムービーを上映することで新郎新婦さまの「そうだったの!?」なんて意外な過去も伝えることができます。

それに新郎新婦さまのことならなんでも知っているハズのご両親も、お二人の学生時代の写真を見ることで「こんな楽しそうな雰囲気で学校生活を送ってたのね」なんて思ってもらうキッカケになることも。

プロフィールムービーは、自分側のゲストにも相手側のゲストにも自己紹介をすることができ、さらにふたりを深く知ってもらうことができるんです。

2.映像の演出で会場を盛り上げる!

二つ目は、結婚式を盛り上げる演出のひとつであるということ。

プロフィールムービーは披露宴を盛り上げる中に流すだけではなく、披露宴冒頭に新郎新婦さまが入場する前に『オープニングムービー』として流すこともできます。

通常の5~8分程度の長さではなく、1~2分程度の映像でかっこよくおしゃれに映像をまとめることで会場を盛り上げる演出にもなるんですよ。

このようにプロフィールムービーはゲストへ自己紹介をするだけではなく、結婚式を盛り上げるための大切な要素にもなるんです♪

≪実例≫先輩カップルのプロフィールムービー

これまで何度も結婚式でプロフィールムービーを目にする機会があったかと思います。

けれど、いざ自分たちで作るとなると「どんな内容だったかな?」と思い出せないこともありますよね。

そこでまずは、先輩カップルの実際のプロフィールムービーを見てみましょう。
プロフィールムービーの魅力は、“映像を見たゲストにどんな気持ちになって欲しいのか”も、作る段階からイメージしながら作ることができます。

例えばプロフィールムービーをみて

  • ゲストに感動をとどけたい
  • ふたりのことをもっと知ってもらいたい
  • 会場を笑いで包みたい
  • 会場を盛り上げたい

など目的に合わせて内容を作ることが出来るんです。

ここではジャンル違いでおすすめのプロフィールムービーをご紹介します。

【二人のことをもっとゲストに伝えたい方向け】おすすめプロフィールムービー5選

まずは、おふたりのプロフィールムービーがとても上手くまとめられているお手本プロフィールムービーを見てみましょう。

チェキのコマ撮り風プロフィールムービー

出典:https://www.youtube.com/embed/wDJ_tIcCbzg;

こちらの動画のおすすめポイントは、『新郎側ストーリー』『新婦側ストーリー』『2人の軌跡』の合間にアクセントとして、チェキで撮影されたコマ撮りムービーが差し込まれているところ。

写真だけじゃなくコマ撮り取り入れて、流れを切り替えるキッカケになりより見やすくなっています。

また最後の部分には、お2人の声やムービーも含まれプチサプライズに。

コメントの中にもゲストへ感謝の気持ちもたくさん言葉にして伝えていて、新郎新婦さまの人柄も伺えるムービーにまとめられています。

ご両親や家族にサプライズも♪

出典:https://www.youtube.com/embed/wBOgg4G2Xaw

オススメのポイントは、まず冒頭シーンです。
カウントからはじまり、おふたりからのメッセージとお辞儀シーンからスタートします。
「これから何がはじまるの?」
ゲストをワクワクさせてくれるオープニングに。

そしてもう一つおすすめしたい理由は、後半部分です。
ご両親やおじいちゃんおばあちゃんへのサプライズメッセージも。BGMのサビの盛り上がりとも重なり感動を誘う構成に。

おすすめの理由はちりばめられたアクセント

出典:https://www.youtube.com/watch?v=OfvC3uAi8xs

「今まで動画なんて作ったことないよ」という人も多いですよね。
こちらのプロフィールムービーを作られた方も、初心者だそう!

でも、そうとは感じられないとてもクオリティの高いプロフィールムービーです。

このプロフィールムービーをおすすめしたい理由は、構成がとても上手くまとめられているところ。

  • 歳の差をキャッチーに伝えて会場にクスっと笑いを届けている
  • 年代に合わせて当時世の中で話題になっていたことも織り交ぜる

ただ写真を流すだけではなく、切り替えがあることで見る人を飽きさせない工夫が組み込まれているところはお手本にしたいポイントですね!

小物を使ってキャッチーに♪コマ撮りプロフィールムービー

出典:https://www.youtube.com/embed/A_qC4Z5fVcw

スケッチブック、シール、そして写真を使ってコマ撮りで撮影されたプロフィールムービーです。

シーンの切り替えには、手書きのコマ撮りが差し込まれていたり、シールやイラストが描かれた用紙を少しずつ移動させて動きのあるムービーになっているところも可愛らしいプロフィールムービーになっているポイントに!

両親に「ありがとう」を伝えるプロフィールムービー

出典:https://www.youtube.com/embed/qRF3RJ46Gm8

プロフィールムービーはおふたりの生い立ちを伝えるもの。それを誰よりも感慨深く見守ってくれているのはご両親です。
そんなご両親に感謝を伝えるプロフィールムービーに仕上げられています。

BGMの歌詞に合わせてテロップが表示されるのも注目してほしいポイントです。

披露宴のクライマックス『花嫁の手紙』の前に流すと、より感動を伝えられますね!

【結婚式を盛り上げる演出として活用したい方向け】会場が盛り上がるプロフィールムービー5選

オープニングムービーにおすすめ!

出典:https://www.youtube.com/embed/JbrWavjsPMw

一枚のスケッチブックに、お2人の写真や文字の切り抜きが登場しプロフィールがとても簡潔に、かつキャッチーにまとめられています。

オススメの理由は、全体の収録時間が4分弱と、オープニングムービーとしてはベストな長さにまとめられているところ。

後半はこれから始まる披露宴にむけて、ゲストへメッセージも収録されています。
ゲストもこれを見れば披露宴への期待も膨らみますね!

写真なし!でも見る人を惹きつけるプロフィールムービーに♪

出典:https://www.youtube.com/embed/9aIjXMYzinc

プロフィールムービーといっても、写真ではなくすべてホワイトボードに掛かれたイラストでまとめられたオリジナリティの高いプロフィールムービーです。

早口になっている音声コメントも、このプロフィールムービーを面白おかしく魅せるひとつのポイントです♪

前撮りの様子も織り交ぜながら♡

出典:https://www.youtube.com/embed/QUic0u8REYw

結婚式に使うペーパーアイテムやムービーのために前撮りをするひとも増えていますよね。

そんな前撮りフォトを使ったプロフィールムービーがこちらです。
冒頭とシーンの切り替え部分に前撮りの動画や写真が使用されています。

また写真だけではなく、一部動画も収録されていてプロフィールムービーを惹きつけるポイントに!

ゲストへの気配りが光るプロフィールムービー

出典:https://www.youtube.com/embed/fPxspXkKUnQ

家族や親族、親しいご友人を招待して行われたという結婚式でのプロフィールムービーだそうです。

使われている写真の数々は、おふたりだけが写るものではなく、きっとその場にいるゲストもたくさん写っているお写真を選ばれています。

プロフィールムービーを盛り上げる大切なポイントは、お披露目ばかりにならないこと。

だからゲストが感情移入できるよう、ゲストもたくさん映り込んだ写真を使うことをおすすめします。

こちらのプロフィールムービーのように出席しているゲストを写真にも登場していただくことで、ゲストも一緒に懐かしみながら当時を思い返すことができますね!

【一問一答形式】二人のナチュラルな会話にも注目

出典:https://www.youtube.com/embed/L_L0qdDShP4

懐かしい写真を見ながら、ふたりが生い立ちを話すプロフィールムービーです。

本来、写真の様子をテロップで紹介するところを、ふたりがインタビュー形式で答えていて一つのドキュメンタリー番組を見ているよう♪

ふたりの言葉で直接聞けると、興味もより惹き付けられますね。

プロフィールムービーを手に入れる3つの方法~メリットデメリット~

プロフィールムービー 依頼先別 メリットデメリット

結婚式当日流すためのプロフィールムービーを作るには3つの方法があります。

  1. 結婚式場に依頼
  2. 制作会社に依頼
  3. 手作り

それぞれのメリットデメリットについて元プランナーという観点から、客観的に解説してみたいと思います!

1.結婚式場に依頼

【結婚式場に依頼】はこんなカップルにおすすめ

  • 予算は5~10万円
  • 予算より手間が掛からないことを重視したい
  • プロフィールムービーのデザインは定番でOK

新郎新婦さまがいちばん簡単に手っ取り早くプロフィールビデオを手に入れることが出来るのが、こちらの式場に依頼する方法です。

メリット

  • 式場提携の制作会社が作るので、一定のクオリティは確保できる
  • 自分で制作会社を探す必要もなく、もちろん手作りもしなくてよいので時短につながる。
  • 写真を選ぶ以外の段取りはすべてプランナーさん任せでOK!あとは結婚式当日、無事流れるのを待つのみ。

デメリット

  • 選択肢の中では、いちばん予算が高め。ムービー制作会社から式場に納品され、そこに手数料が上積みされた価格設定になっているため。
  • 好みのプロフィールムービーとの出会いがないかも。式場が提携しているムービー制作会社といえば、だいたい1社。多くても2社のため提示されたプロフィールムービーに好みのテイストが必ずあるとは言い切れないところが心配。
  • 納期がガッチリ決められている。だから「やっぱり急にプロフィールムービーをしたくなった!」となっても対応できない可能性がある。
  • 製作者と直接打ち合わせすることは出来ない。イメージとは違った仕上がりになる可能性も。

2.制作会社に依頼

こんなカップルにおすすめ!

    • 予算は2~3万円
    • 何よりもデザイン重視!
    • 予算を抑えたいけど、手作りする自信もない……
    • 結婚式まで2か月もない

選択肢の幅が広いのが、制作会社に依頼する方法です。

メリット

  • 数多くの制作会社の中から、好みのテイストや予算に合わせて選ぶことができる。
  • 納期は柔軟に対応してもらえる場合も。「結婚式1週間前に発注」というミラクルが叶う制作会社もある。
  • 制作担当者と直接打ち合わせが出来るところもあるので、『こだわりたいところ』『こんな雰囲気で作って欲しい』など細かいリクエストもできる。

デメリット

  • プロフィールムービー制作会社とはいえ、スキルは千差万別。出来上がりをみて「…」となることも……。(過去の作品をサイトやSNSで要チェック)
  • 担当者の対応に「…」となることも。(注文前のやり取りにも注目を!)
  • 「ここだ!」と思える制作会社になかなか出会うことが出来ず、制作会社探しにほんろうされる新郎新婦さまもいる。

3.手作り

こんなカップルにおすすめ

    • 予算は1万円以下に抑えたい
    • 最も重視したいのは予算!
    • 結婚式まで4か月以上時間がある

選択肢の中では、もっともコストを抑えて作ることが出来るのが手作りです!

メリット

  • 最大のメリットは、コストを抑えることが出来るところ。PCに備わっている無料のムービー編集ソフトやスマホでもアプリで作ることができる。
  • 使用する写真も枚数も、収録時間も自分たちで選べる
  • 完全オリジナル作品になるので、世界でたったひとつのプロフィールムービーが出来上がる♪

デメリット

  • 手作りに要する時間はひとそれぞれ。構成を考えて撮影や編集など数か月かかってしまうことも……。(事前に段取りやテクニック、下調べや見本探しは必須)
  • こだわればこだわるほど、時間が掛かってしまう。結婚式直前になってもまだバタバタしてしまうカップルも……。(式場での試写を考えると、結婚式の2週間~1ヶ月くらい前には完成させておくと安心)
  • 結婚式当日「流れない!」というハプニングも……。(事前に試写は絶対です)

結婚式のプロフィールムービーを作るときのポイント

プロフィールムービー 手作り ポイント

次にプロフィールムービーを作るときの段取りをチェックしてみましょう。

1.まずは構成作りから

プロフィールムービーを作る時にはまず、構成を考えるところからスタートします。

「構成」とは、プロフィールムービー全体の流れのこと。

一般的にプロフィールムービーは、以下の流れで構成を組み、約5~8分程度にまとめます。

  1. オープニング
  2. 新郎生い立ち
  3. 新婦生い立ち
  4. 新婦生い立ち
  5. ふたりの馴れ初め

こちらの記事では、構成の作り方について詳しく解説しています。
プロフィールムービーの構成はこう決める!基本とお手本動画を紹介

プロフィールムービーに使う写真を選ぶ

次にプロフィールムービーの要でもある写真を選びましょう。プロフィールムービー向けの写真を選ぶときのポイントは4つ。

1.自分の人柄が伝わるような写真

背景や服装にストーリーが伝わるような写真を選ぶと◎。例えば、クラブ活動や旅行、趣味や特技の写真など。

2.ゲストの写真もできるだけ入れる

プロフィールムービーを盛り上げるためには、ゲストに共感してもらうことが大切です。そのためプロフィールムービーの写真を選ぶときには、一緒に「懐かしいなー」と思い合えるような写真を選ぶようにしましょう。

3.今とギャップのあるような写真があると◎

「実は意外な趣味がある」「学生時代のちょっとやんちゃをしていた頃の写真」など、ゲストも知らないような一面が分かる写真があると、盛り上がります!

4.前撮り写真もおすすめ

プロフィールムービーをおしゃれな雰囲気にしたい場合は、前撮りの写真など非日常な写真を使うことをおすすめします。オープニングやエンディングなどポイントになるところに使うと印象付けられます。
こちらの記事では、写真の選び方を詳しくご紹介しています。
ゲストを飽きさせないポイントや、写真の枚数についてもまとめています。合わせて読んでみてください。

≪結婚式のプロフィールムービー≫ゲストを飽きさせない!写真の枚数と困った時の対処方法

写真に合わせてコメントを考える

プロフィールムービーを盛り上げるためには、写真に合わせたコメントを工夫しましょう!

しかも、プロフィールムービーのコメントには、結婚式ならではのマナーもあります。

例えば

        • 句読点は使わない!
        • 長すぎるコメントはNG
        • “わかりやすさ”が大切なフォント選び

などなど。

このほかプロフィールムービー用のコメントは“写真の紹介”だけで終わってしまわないような工夫も必要です。

このひと工夫があることで、プロフィールムービーで会場をうんと盛り上げるのか、見るだけで終わってしまうのかも変わります。

こちらの記事では、コメントのマナーや盛り上げるためのポイント。そして写真の時代に合わせたコメント文例もご紹介しています。

プロフィールムービーコメント例文集!写真選びのポイントもご紹介

プロフィールムービーにぴったりなBGMとは?

おふたりが思い描くプロフィールムービーになるかどうかは、BGM選びがカギ!

映像に適したBGMを選ぶことができれば、映像に特別な編集を掛けなくてもクオリティの高いプロフィールムービーになります。

こちらの記事では、ジャンル別でプロフィールムービーにおすすめの曲をまとめています。
興味のあるジャンルからぜひ読んでみてください。

【2021年最新】プロフィールムービーに合う曲を元プランナーが厳選してご紹介します*
≪結婚式プロフィールムービーで使って欲しい洋楽20曲≫元プランナーが選びました!

プロフィールムービーで失敗しないための4つの秘訣

プロフィールムービー 手作り 秘訣

ここでは、プロフィールムービーを手作りするなら、ぜひ知っておいて欲しいポイントを4つご紹介します。

プロフィールムービーのベストな長さは6~8分

プロフィールムービーのベストな長さは6~8分です。

これより長くなってしまうと、プロフィールムービーを見るゲストの集中力が途切れてしまうためです。

また式場によっては、プロフィールムービーを上映している間、お料理のサービスを止めるところもあり、ゲストは長い時間食事の手を止める必要が出てきてしまうんです。

そのためプロフィールムービーの収録時間は6~8分を目安としておきましょう!

≪プロフィールムービーの長さ≫ゲストを惹きつけるための適した時間を解説します

プロフィールムービーを自己満足な世界観にしないために

おふたりの生い立ちを紹介するプロフィールムービーですが、ゲストみんなが楽しめる内容にしなくてはいけません。

そのため写真を選ぶときには、以下の2つのポイントに注意しましょう。

1.ふたりの写真ばかりを選ばない
自己紹介をするプロフィールムービーだからといって、自分たちだけが写っている写真ばかりを選ばないようにします。
ご家族も含め、できるだけ出席しているゲストも一緒に写っている写真を選びましょう。

2.自撮り写真はほどほどに
プロフィールムービーで使う写真は一目みただけで、その写真の背景が読み取れるような写真を使用することをおすすめします。

例えば新郎さまがひとりで写る制服姿のアップ写真ではなく、お母さんと『入学式』の看板の前で立っている写真のほうが、いつの写真かがすぐにわかりますね。それにお母さんの若かりしころの当時の様子も見ることができます。

言葉でわざわざ説明せずとも、写真を見るだけで当時のことがイメージできるような写真を選びましょう

「プロフィールムービーを流せない!?」著作権問題を解決

結婚式で使用する曲を選ぶときには、著作権のことについても注意しておく必要があります。

著作権を無視してプロフィールムービーを手作りしてしまうと、結婚式当日流せないこともあり得てしまうのです……。

プロフィールムービーの著作権については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。いちど目を通してみてください。

「プロフィールムービーに曲が使えない!?」著作権の解決方法をご紹介します*

「手作りしたけど、上手く作業が進められない!」そんな時の備えに

節約のために頑張ってプロフィールムービーを手作りしたけれど、編集作業に手間取ってしまい、結婚式まで時間が無くなってしまうこともあります。

そんなときはプロフィールムービーを流すことを諦めるのではなく、プロに依頼する方法にシフトチェンジしましょう。

プロの映像制作会社はデザイン性やクオリティも高いところも魅力ですが、スピーディーさもメリットのひとつ。

こちらの記事では、映像制作会社の選び方をご紹介しています。
「プロフィールムービーはどこに頼む?」人気業者10社のクチコミをまとめてみました!

【プロフィールムービー業者の選び方】元プランナーの経験から思うこと

まとめ

「結婚式でプロフィールムービーを流そう!」と検討されている新郎新婦さまへ、プロフィールムービー作りのポイントや、参考動画をご紹介しました。

プロフィールムービーは、自分たちの生い立ちを紹介するだけではなく、映像で会場を盛り上げる効果もあるのでおすすめの演出です。

ですが選ぶ写真や収録時間、BGMによってはせっかく作ったプロフィールムービーなのに
「ゲストが途中で見るのをやめちゃってた」
「あんまり盛り上がらなかった」
なんてことも。

プロフィールムービー作りの成功の秘訣だけではなく、失敗しない秘訣の両方を確認して、
後悔のないようにしましょう。

またプロフィールムービーの手配方法は『式場に依頼』『制作会社に依頼』『手作り』の3つの方法があります。それぞれ予算や納期、クオリティなどメリットデメリットがあるので自分たちにあった方法を見つけてくださいね。

プロフィールムービーはおふたりのことをもっとよく知っていただくために、結婚式ではぜひ取り入れていただきたい人気の高い演出です。お二人らしく、ゲストの印象にも残るようなプロフィールムービーが作れますように……。

素敵なプロフィールムービーを作りたい方へ

プロフィールムービーを業者に依頼したいけど、自分たちの思い通りのものが作れるか不安だったり、予算内に収まるか不安という方は「つたえるウェディング」にお気軽にご相談ください。

つたえるウェディングキャンペーンのご案内

弊社の制作実績やサービス内容知りたい方は、まずは詳細のほうをご確認ください。すぐに相談したいという方は、LINE登録をお願いします。

プロフィールムービーの
詳細はこちら
LINEで相談

また、お電話でのお問い合わせは090-6584-6903までお願いします。

「つたえるウェディングのサイトを見た」とご連絡下さい。時間帯は9時~20時まで受け付けております。加藤が電話に対応させて頂きます。

プロフィールムービーのお問い合わせ

    お電話でのお問い合わせダイヤルは

    090-6584-6903

    「プロフィールムービーのサイトを見た」とお電話ください。電話の受付時間は9:00-20:00(年中無休)になります。

    ※ 入力必須項目